食生活

おはぎを毎日食べると太る?食べ過ぎたら不安でどうすればいい

投稿日:2021年9月5日 更新日:

 

おはぎ好きにとって、毎日食べるのも習慣になってしまいそうで、食べ過ぎてしまうのが気になるところです。

 

別にあんこばかり食べるわけでないけど、甘いものは血糖値も上がり易いし、健康面も心配。

 

だけども、おはぎばかりだと太るイメージがつきものです。

 

この記事では、おはぎを毎日食べると太るから健康に不安が?やおはぎを食べ過ぎたら不安なのでどうすればいい?、朝食をおはぎにすると太る?について紹介します。

 

参考にして下さい。

スポンサーリンク

おはぎを毎日食べると太るから健康に不安が?

 

あんこ好きであれば、毎日おはぎを食べることも少なくないので、1回の食事でもついつい2~3個以上食べてしまうこともあります。

 

これが習慣になってしまうと、太ってしまうのも心配。

 

また、糖尿病などを発症し易くなり健康に悪いのではないかと不安になるものです。

 

基本的に、1日の摂取カロリーが消費カロリーをオーバーすれば太るということですが、それ以外にも色々な要因が絡んでくる。

 

脂肪がつき易くなるのは、血糖値が低い状態のとき。

 

つまり空腹状態の時に、たくさん食べてしまうと太りやすくなるということです。

 

1日3食以外に、間食でおはぎを常食しているようであれば、1日の消費カロリーを超えることが多くなれば太りやすくなります。

 

 

おはぎは何個まで

間食で食べるのなら、1日1個ぐらいにするのが適当です。

 

おはぎは和菓子の中でもカロリーが高くて、おはぎの種類や大きさにも依りますが、200kcal以上あります。

 

3個も食べると約男子の1食の摂取量にもなりますね。

 

洋菓子より和菓子が太らないからマシ?

おはぎは、あんこともち米の組み合わせ、それに砂糖が使われています。

 

おはぎは和菓子で洋菓子より脂肪分が少ないので太らないからケーキよりマシだと言うイメージもあるようですが...。

 

それでも砂糖を相当使用することもあるので糖分も多い傾向。

 

おはぎは和菓子のなかでもカロリーは高い方です。

 

血糖値の上がり易さをを示すGI値でいうと、一般的に甘いものやお菓子は高くなります。

スポンサーリンク

アスリートやボディビルダーもおはぎが好きで常食する!?

最近では、アスリートやボディビルダーがおはぎをパフォーマンスを上げるため、おはぎを常食していて人気があるようです。

 

一般の人と比べて、彼らの体つき、身体能力、体質や行動習慣と同様に考えるのは無理があります。

 

確かに、おはぎは小豆ともち米なので、高タンパクでエネルギーに変換し易く腹持ちがいいから持久力、体力維持に必要で体にいいです。

 

でも、普通の人が彼らのような運動習慣やトレーニングをしているわけでもありません。

 

おはぎを食べ過ぎて太るかどうかは、それを消費するような運動や動きをしているかもかかわってきます。

おはぎを食べ過ぎたら不安なのでどうすればいい?

結局、おはぎは甘いし和菓子だからGI値も高い。

 

だから、食べ過ぎに注意ということになりますが、食べるタイミングも大事

 

お腹に何も入っていない時、空腹時を避けるたり、トレーニングや体を動かした後に食べるようにすれば、脂肪をため込みにくくなるということが分かっています。

 

そして、疲労回復や体の筋肉の修復にも効果があるということ。

 

小豆には良質なたんぱく質や食物繊維、ビタミン、ミネラル、そして美肌効果や抗酸化作用があるポリフェノールが含まれています。

 

また、栄養成分が豊富な食べ物で、もち米がすぐにエネルギーに変換されるので体の活力にもなります。

 

だからと言って、おはぎばかりに偏るというのも気にかかるもの。

結局、食事のバランスが大事。

 

おはぎを食べる前に、タンパク質や食物繊維をより多く摂っておくことも、筋肉維持や血糖値上昇を防ぐためにも必要です。

 

たとえば、鳥の胸肉やゆで卵、野菜などもたべて、おはぎを食べ過ぎてもバランスが保てるようにしたいものです。

スポンサーリンク

朝食をおはぎにすると太る?

朝食におはぎを食べるれば、カロリーが高いので朝から血糖値を上げてしまいそうです。

 

でもおはぎ好きにとっては、朝ご飯の代わりにとれば別に問題がないのでは?と思いますね...。

 

朝から夕方までの日中であれば、脂肪の合成が促進される物質、ビーマルワンが少ない状態です。

 

だから、夜食べるのではなく、日中のこの時間帯におはぎを食べることが有効とされてます。

それで、朝から適度に体を動かしていれば太りにくくなるということです。

 

いずれにしても、寝る前にお腹にため込むのは良くありませんからね。


※関連記事↓

まとめ

おはぎを常食しても太らない人もいます。

かえってパンやバターなど洋食中心の食生活の方が太る傾向の人もいますからね...。

 

身土不二と言うように、本来その生まれた土地で育ったものを食べるのが理にかなっているからでしょうか!?

 

そんなことで、おはぎを食べ過ぎても太らない人もいるでしょう。

 

こればかりは、その人の体質、遺伝、消化機能などの違いも考えられるので、おはぎを食べ過ぎたら太りやすくなると言い切れるものではないと思います。

 

それでも、おはぎが好きで毎日食べるようであれば、空腹時は避けたり、他のタンパク質や食物繊維が豊富な食べ物も食べていた方がいいでしょう。

 

なぜなら、日頃から血糖値が上がり易い食べ方をしていれば、肥満や健康障害を引き起こす可能性が高まるから。

甘いもの好きにとっては、耳が痛い話ですけどね...。

記事下アドセンス

Sponsored Link



記事下アドセンス

Sponsored Link



-食生活

執筆者:

関連記事

ビタミンⅮの効果に食品でとると何がいい?骨の関係はどうなの!

  この頃よく聞く、ビタミンⅮの効果。 ビタミンⅭと比べあまりイメージがわかない印象だけども、 からだに重要な影響を及ぼしています。   老化や抗酸化、美肌にはビタミンⅭはよく聞き …

血管年齢を若くするにはどんな食事?何の食べ物がいいの!

  テレビでも最近耳にする血管年齢の話題。   芸能人が出演して余命何年だとか、 血管年齢が実際の年齢よりずっと高いから危険だとか。   そんな感じで使われている血管年齢 …

発酵食品を摂って健康効果を実感しよう!体にいい食べ方は?

  あなたは発酵食品というと、イメージするのはどんなものですか。   いろいろあるけど真っ先に浮かんでくるのは 納豆とかキムチ、味噌などではないですか?   そうすると、 …

市販おはぎを冷凍でも自然解凍で美味しい!?賞味期限や日持ちは

  市販のおはぎが好きでよく買いますが、食べ残しをすることもよくあります。   そんな時、おはぎを冷凍保存してから解凍すれば、美味しく食べられます。   市販のあんこは甘 …

マヨネーズの食べ過ぎは健康に関わる!太るのはなぜ、病気にも?

  食事中にソースやしょう油、ドレッシングといろいろ食べ物にかけます。   いろいろ調味料がある中で、マヨネーズは外せないものです。   そして、マヨネーズ好きにとっては …

除菌水ジーア