UA-144554895-1 G-0YR244YH60

快適生活健やか情報館

面白い日々を毎日送ろう!(※当サイトではプロモーションが含まれています)

食生活

豆腐と納豆の食べ合わせは太るし体に悪い!?どっちがダイエットで痩せるのかと食べ過ぎはダメ?

投稿日:2022年7月30日 更新日:

 

よくダイエットに豆腐や納豆が良い
と聞いたことはありませんか?

 

でも、さすがにたくさん豆腐と納豆を食べると太る
とも言われます。

 

私もダイエット中豆腐や納豆を
よく食べていました。

 

そして、納豆と豆腐ならどっちが
ダイエットに効果があるのか気になります。

 

結果としてはどちらも同じです。

 

100gあたりで考えると豆腐の場合(木綿)
・72kcal
・糖質1.2g
・脂質4.2g

 

納豆の場合は
・200kcal
・糖質5.4g
・脂質10g
です。

 

こう見ると納豆のほうが高いように見えますが
納豆は1パック50gですのでこの半分と考えてみてください。

 

豆腐と納豆はどちらにもたんぱく質が含まれており
少しカロリーが高い納豆ですが豆腐よりたんぱく質が
多く含まれています。

 

結果としてはどちらもあまり変わらないのです。
自分の満足感などで決めてみると良いかもしれないですね。

スポンサーリンク

記事下アドセンス

Sponsored Link



豆腐と納豆を一緒に食べると太るのはホント!?カロリー高い

 

納豆と豆腐はダイエットに良いというので
一緒に食べても良いと思っていませんか?

 

正解は納豆と豆腐を一緒に食べると太ってしまいます。

 

納豆1パックと豆腐1丁を食べたとしましょう。

 

納豆1パックは100kcal
豆腐1丁は木綿の場合216kcal、絹ごしの場合は168kcal
になります。

 

それらを合わせると約300kcalという計算です。

 

ご飯1杯は250kcalなのでそれを超えるカロリーに
なることが分かりますよね。

 

 

つまり納豆と豆腐を一緒に食べると
カロリーオーバーになってしまうんです。

 

納豆と豆腐を食べる場合にはどちらか
別々で食べることをおすすめします。

スポンサーリンク

記事下アドセンス

Sponsored Link



豆腐と納豆の食べ合わせや食べ過ぎはからだに悪い!?

 

納豆と豆腐の食べ合わせや食べすぎは
身体によくありません。

 

納豆と豆腐それぞれなぜよくないのか
説明いたします!

 

【納豆】

1.腹痛や吐き気

 

納豆には納豆菌というものが存在します。

この納豆菌は生命力が強いです。

 

簡単に死ぬものではないので納豆を
たくさん摂ってしまうと納豆菌が増えてしまい
その結果腹痛や嘔吐に繋がります。

 

2.婦人系疾患

 

納豆には納豆菌のほかにも
イソフラボンというものが存在します。

 

イソフラボンを過剰摂取してしまうと
子宮内膜症や乳がんの発症と再発のリスクが
高くなると言われています。

 

イソフラボンの一日の摂取目安は70~75ミリです。

 

納豆には1パック35ミリ含まれているので
2パック食べてしまうと食べすぎになります。

 

3.薬の効果がなくなる

 

「ワーファリン」という血栓を防ぐ薬を
服用している人は要注意です。

 

納豆にはビタミンKが含まれており
ビタミンKは丈夫な骨を作ったり、出血を
止めたりする働きがあります。

 

ワーファリンを服用している人には
薬の作用が弱まってしまうことから
たくさん摂取してしまうのは良くないです。

 

お医者さんからの摂取目安を確認して
正しい量を摂取しましょう。

スポンサーリンク

記事下アドセンス

Sponsored Link



 

【豆腐】

1.下痢

 

豆腐には豆腐を固める時に使う「にがり」
というものが存在します。

 

にがりには塩化マグネシウムが含まれており
消化管の水分を吸収しにくくします。

 

塩化マグネシウムは下剤にも使用されています。

 

ですのでたくさん豆腐を食べすぎてしまうと
下痢に繋がりますので気を付けてください。

 

2.貧血

 

貧血は鉄分が不足し貧血が起こります。

 

豆腐にも鉄分が含まれていますが、
豆腐の鉄分は非ヘム鉄と呼ばれる身体に吸収
されにくい鉄分が含まれています。

 

そのためヘモグロビンを構成するのに必要な
鉄分が少なくなり貧血を起こす原因になってしまうのです。

 

3.女性特有の症状

 

女性特有の症状として生理が遅れることがあります。

生理は女性ホルモンであるエストロゲンと
プロゲステロンの働きにより生理が来ます。

 

豆腐にもイソフラボンが含まれており
このイソフラボンとエストロゲンは似ているため
イソフラボンを摂りすぎてしまうとエストロゲンが
低下してしまうのです。

 

そのため生理が遅れる原因となってしまうのです。


※関連記事↓

 

まとめ

今回の記事をまとめると

・納豆、豆腐どちらを食べても太りにくい効果がある
・納豆と豆腐を一緒に食べると太ってしまう
・納豆と豆腐の食べすぎは身体に良くない
です。

 

最近では納豆と豆腐を食べてダイエットをしている人を
よく見かけますよね。

 

食べる量に気を付けて健康的な身体に良い
ダイエットを行いましょう!!

記事下アドセンス

Sponsored Link



記事下アドセンス

Sponsored Link



-食生活

執筆者:

関連記事

食べない方が体調や調子いいので元気!?健康でもお腹空かないで食べないでいるとどうなる!

  中高年、40歳後半あたりから食事の量が 減ってきたとか気になったりすることがありませんか?   逆にそのくらいの年齢でも食欲旺盛な人も いると思いますが、比率としては 少なくな …

毎日イワシ缶を食べ続けた結果は体に悪いし危険!?いわし缶の汁で栄養を取り飲むと血圧や薄毛への効果アリ!?

  イワシ缶はいろいろな栄養素を含んでいて優れた食べ物。   イワシ缶を食べ続けると、ダイエットや髪(薄毛)や肌、血圧に効果があると言われてます。   そして、いわしなど …

はま寿司カリカリポテトは持ち帰りOK?カロリー高いがお得!業務用の山盛りポテトが食べたい!

  マクドナルドのハンバーガー屋のフライドポテトもいいけど、結構塩がきついと感じてます。   今は回転ずしでもフライドポテトを出していて、たまに行くと、はま寿司のカリカリポテトを注 …

べったら漬けの食べ過ぎは太る!?漬物のむくみやダイエットが気になる

  露店や百貨店などで匂いにつられて買ってしまう、べったら漬やお気に入りの漬物。   べったら漬が美味しすぎて食べ過ぎてしまいそうですが、太らないか気にもなりますね。   …

豆乳を温めると栄養が冷え性や肌にいい効果を感じる豆乳鍋で!

  寒さが身に応える中、肌も乾燥して風邪や感染症にかかりやすいことも。   豆乳を温めて飲んで栄養を取りたいけども、逆に栄養が減ってしまう のではないかと心配です。   …

オンラインヨガ・フィットネスのSOELU




Verified by ExactMetrics