UA-144554895-1

気になるところ 話題・トピック

飲みニケーションは無駄でくだらない!?嫌いでも行かないと嫌われる

投稿日:2021年11月27日 更新日:

 

最近、忘年会はやる予定がないとか職場の飲み会は一切行かない、と言う人が増えているそうですね。

 

どこに行っても空いた時間があればスマホで情報収集している人が目立ちます。

 

そんな時代の中、飲みニケーションは無駄でくだらないと思っている人が少なからずいるでしょうね。

 

お酒が飲めないし、職場の人と仕事以外の話をするのは苦痛なら、飲み会は意味ないので一切参加しないのも合理的です。

 

そこで今回は、飲みニケーションは無駄でくだらない!?、そして飲み会に行かないと嫌われるのか?どうかについて調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

飲みニケーションは無駄でくだらない!?

 

コロナの影響もあって、密な飲み会は開催されにくい状況です。

 

そのため、かえってお酒が嫌いな人には無駄な飲み会がなくなって良かったと感じているでしょう。

 

ただ、飲みニケーション、会社の飲み会に一切参加しないのも勇気がいるものです。

 

その会社の雰囲気で、飲み会や職場外のコミュニケーションも大事なところもあると思います。

 

参加が強制でないものの、ほとんどの人が参加する会社であれば、後々、参加しな
かったことを後味が悪いと思い返すこともたびたびあるのもです。

 

今後の職場での対人関係など。参加人数にもよりますが、飲み会に参加しなかったことが目立ってしまった場合は尚更、会社への出勤んが気が重くなることも。

 

仕事をきちっと、やることをやっていれば、飲み会に一切参加しないでもいいだろうと気を強く持てるか...?

 

確かに、お酒が嫌いで、上司との意味ない会話を楽しめない、それに無駄な出費もしてし
まい、飲みニケーションはくだらないと思うのももっともなこと。

スポンサーリンク

飲みニケーションはうざいし古い?

ただ、日本の会社は外国と違って、終身雇用や年功序列など、会社の秩序を重視してやってきた流れがあります。

 

今では、徐々にその傾向は薄れてきているようですが...。

 

上場企業はともかく、日本の大半の中小企業ではなかなか浸透するのも難しいのかなと感じます。

 

ただでさえ仕事で忙しいのに、余計な余計なことに気を回したくないと言うのが本音なのかもしれません。

会社の飲み会の頻度にもよりますが、参加するごとに約4~5,000円かかりますよね。

 

飲む人飲まない人にかかわらず。

 

それでいて、最低2時間過ごすわけですから、気の利いた話や機転の利く立ち回りの良い人でなければ、時間が勿体なく感じるわけです。

 

お酒が飲めて、多少酔える人であれば、まあ、いいかな~と感じるわけですが...。

 

でも反面、職場では見えなかったその人となりが見えるのも、飲みニケーションのいいところ。

 

実際、職場で、近くで見かけるけども、見かけと話し方や考えを聞けて、印象が変わったということもあります。

上司や職場の人とより親しくなれる場でもあります。

 

新人であれば、尚更、飲みニケーションの数をこなすことで、見えてくることや、その場の対応の仕方とか、その人なりにできてくるもの。

 

これも、会社で仕事をしやすくするための経験と思って、参加するのも方法の1つです。

スポンサーリンク

飲み会に行かないと嫌われるのか?

会社によっては、仕事以外にも、コミュニケーション能力を重視するのがほとんどだと思います。

 

仕事だけやっていればいいと思いますが、飲み会に行かないと印象の悪い人だと、イメージもたれるのも嫌ですね。

 

会社では、いろいろな価値観をもつ人と一緒にその場をともにします。

 

だから、職場の雰囲気は絶対大事。

 

飲み会では普段は聞けない本音や愚痴がありますから、上司やメンバーの意外な面が分かります。

 

それを通じて気に入られるところもあるので、一概に無駄ではない面もあります。

 

日本ではまだまだ、ほどほどの付き合いもないと、お互いがつかめ合えないところもあります。

 

やっぱり、その場で機転の利く人や気の効く人は重宝されますからね。

 

やはり、無駄だと思っても、飲み会の機会を利用することで、仕事や人間関係を良好に築く
チャンスにできる人もいたりするものです。

 

発想を切り替え、割り切りそのような経験を積むことも、後から思えば良かったと思うこともあります。


※関連記事↓

 

 

まとめ

自分は仕事をちゃんとして会社の業績を上げるから、その他のお金や時間の使い方は自分で考える。

 

だから、職場の飲み会には一切行かないと考えるのも、その人の考えです。

会社の飲み会に参加しないからといって、普通罰則の規定も設けられているわけではないですからね。

 

ただ、そこの会社で長く勤めるとしたら、どうしたって長く社内の人と良い関係を続けていくことが大事。

 

飲みニケーションはくだらないと思っても、一旦参加してみないと何も見えてきません。

 

飲みニケーションは時代遅れかどうかは、参加してみて、それを利用するかどうか?、判断しても遅くはありません。

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

 

記事下アドセンス

Sponsored Link



記事下アドセンス

Sponsored Link



-気になるところ, 話題・トピック

執筆者:

関連記事

テレワークで監視されてるか確認できる!?カメラ作動やパソコン履歴どこまで!

  最近では、テレワークで在宅勤務する人がが増えてきているみたいですね。   自宅で仕事できることはいいですが、テレワークで会社がソフトを入れてパソコンの監視をどこまでするのか気に …

夏のマスクは蒸れる、新しい生活様式の理由で外せない、どうする?

  以前であれば、夏にマスクする人を見かけることがあっても、 そんなケースにお目にかかるのはなかったと思います。   夏にマスクだと、暑いので蒸れます。   それでもマス …

在宅勤務中に寝るからサボってると思われるテレワークは減少!?

  コロナが次第に終息しても、テレワークをこのまま継続していって出勤者を減らすことに抵抗があるようです。   どうやら、経営者側はテレワークよりも会社出勤の割合を増やすのが希望なの …

いきなりステーキの閉店でも延期、残る店もあるんでしょ!

  最近、突然いきなりステーキの閉店が、 ニュースになり驚きました。 私も以前何回か食べたことがあります。 その頃、立ち食いステーキということで、 物珍しさもあって、何度か足を運んだことがあ …

仕事とプライベートの態度が違いすぎる別人キャラで驚き!

  スポンサーリンク 職場の人と会社以外の場所で出くわして、別人でキャラが違っているんじゃないかと思うことがありました。   職場では何となく相性が合うと思っても、仕事とプライベー …

オンラインヨガ・フィットネスのSOELU