UA-144554895-1 G-0YR244YH60

快適生活健やか情報館

面白い日々を毎日送ろう!(※当サイトではプロモーションが含まれています)

食生活

チリ産サーモンのアニサキスのいる確率は冷凍や加熱対策で安心!?サーモンの刺身が冷凍なら寄生虫の不安なし!

投稿日:2021年7月18日 更新日:

 

 

テレビでも、生の魚を刺身で食べるとアニサキス等の寄生虫の問題が取り上げられることがあります。

 

店頭でチリ産サーモンの刺身を買うときに、寄生虫のことで気にすることもありますね。

 

基本的に、養殖のチリ産サーモンはアニサキスのいる確率はほぼなく心配がないということですが、しっくりしないところがあります。

 

それでも安心と言えるのは、サーモンのアニサキス対策として冷凍や加熱がされているからです。

 

この記事ではチリ産サーモンのアニサキスの確率はほぼなしで寄生虫やアニサキスはいない?や寄生虫やサーモンのアニサキスは冷凍や加熱で死滅する?について紹介してます。

スポンサーリンク

 

チリ産サーモンのアニサキスの確率はほぼなしで寄生虫やアニサキスはいない?

 

スーパーでよく見かける安価で手軽なチリ産サーモン。

 

パッケージに生食用と書かれている刺身や切り身は、そのまま生で普通に食べていますが、そうは言っても寄生虫やアニサキスのことで不安になりますよね...。

 

結局、チリ産サーモンは養殖で急速に冷凍されたものを解凍した物だから心配ないということです。

 

サーモンをはじめとして魚は、自らが食べた餌を食べる過程で体内にアニサキス等の寄生虫を摂りこむので、養殖して餌や温度管理など徹底すれば、寄生虫が入り込む余地がないということです。

 

ただ、海上で養殖していても、何かの拍子に天然の餌が混じり込むことがないのか...?という疑念も浮かぶし、100%安心とも言い切れませんね。

 

それに抗生物質や殺虫剤などの薬を使っているでしょうから、これまた別の意味で不安がこみ上げてきます。

 

そんなこと言ったら、スーパーで売られている野菜なども農薬を使っているではないか!ということで、普段からの買い物にどこで妥協点を見いだすか...、という話になってきますけれども。

 

そんなわけで、当たり前に売っているチリ産サーモンの刺身といっても、養殖もので冷凍状態から解凍したものだから、一応安心して食べられるということです。

 

何かというと、チリ産サーモンの切り身が4~5個パックで安く売られていると、つい買ってしまって焼かないで、茹でるだけで食べたい時もあったりするものです。

 

焼き魚があまり好みでないと簡単にできますからね。

 

その時に、アニサキスなどの寄生虫がいるのではないかと心配になるものです。

 

パッケージに生食用と書いてあれば安心ですが、何も書いてない場合は万が一のことがありますから加熱したほうが良さそうです。

スポンサーリンク

サーモンのアニサキスは冷凍や加熱で死滅する?

スーパーで売っているチリ産サーモンは切り身や刺身で売っているのをよく目にします。

 

でも、国産のサーモン!?鮭は焼き魚用として売ってますが、刺身など生では見かけません。

 

なぜかと言えば、日本の鮭は寄生虫のことで生では問題があるということです。

 

日本のサーモンの養殖もまだ天然ものよりは少ない。

天然ものが多ければ、やはりアニサキス等の寄生虫の問題がありますからね。

 

それに、世界の代表的なサーモンの供給国といえば、チリやノルウェーの養殖サーモンと米
国やロシアの天然サーモン。

 

これらがスーパーでよく見かけるというわけです。品物によって塩加減が微妙に違って味が変わる当たりはずれのある焼き魚と刺身でも食べたい養殖ものとですみ分けができているという感じですかね...。

 

いずれにしても、生で売られているサーモンは冷凍されているので、その過程で寄生虫、アニサキスが死滅します。

 

そして、解凍してからスーパーでも回転寿司や刺身でも生として売られている。

 

外国から輸入されるものは、1度冷凍しなければならないので、その点で安心といえば安心です。

日本のサーモンは生だと寄生虫が心配だから、生食ではなく加熱処理が多い。

 

そんな感じで、私たちの食卓に運ばれているという印象をうけます。


※関連記事↓

 

まとめ

チリ産サーモンの寄生虫やアニサキスの問題を取り上げてみました。

 

というのも、テレビでも寄生虫や食中毒のことが話題になります。

 

コストコやイオンなどスーパーで、チリサーモンが大量に販売されていてなぜアニサキスが心配でないか?気になりますから...。

 

養殖されているサーモンで更にアニサキスが冷凍で死滅するから、まあ納得するしかないというところです。

 

養殖といえども、サーモンのアニサキスの確率が0%ではありませんが、輸入物は一部を除いて冷凍されるので、ほぼ大丈夫だということです。

記事下アドセンス

Sponsored Link



記事下アドセンス

Sponsored Link



-食生活

執筆者:

関連記事

油をキッチンペーパーで自然発火しない捨て方は!?熱いまま処理は危ないのと牛乳パックや新聞紙に吸わせる?

  なにかと揚げ物や油料理は美味しいのですが、 その後の油の捨て方が面倒です。   油の処理にはキッチンペーパーが手軽で便利ですが、 一歩間違えると、油でキッチンペーパーに 自然発 …

鶏胸肉の食べ過ぎは太るのか!?太らないダイエットへの一日の摂取量と夜食でも安心して食べるには?

  鶏胸肉は安くて、カロリーが低く、タンパク質を摂れるので筋肉が付くし、健康にいい イメージですよね。   だからと言って鶏胸肉を食べ過ぎると太るのが心配だし、1日何グラムが適当な …

ウインナーを毎日食べても大丈夫か!?1日何本で体に悪いのかと食べる頻度も関係アリ?

ウインナー好きだけど1日に何本くらいに しておけばいいのか気になるものです。   と言うのも、ウインナーを毎日だと 体に悪いなどとよく言われます。 塩分や脂肪分が多いのもそうですが、 発がん …

毎日イワシ缶を食べ続けた結果は体に悪いし危険!?いわし缶の汁で栄養を取り飲むと血圧や薄毛への効果アリ!?

  イワシ缶はいろいろな栄養素を含んでいて優れた食べ物。   イワシ缶を食べ続けると、ダイエットや髪(薄毛)や肌、血圧に効果があると言われてます。   そして、いわしなど …

もつ鍋は白菜じゃダメなのか!?キャベツをなぜか不思議がる白菜を加える際のポイントと具材の組み合わせ方

  モツには、細胞内でエネルギーを合成させるチトクロームcが含まれていて、活力の源です。ですからもつ鍋も積極的にとりたいです。でもキャベツが苦手で白菜を入れたいときもありますね。 この記事で …

オンラインヨガ・フィットネスのSOELU




Verified by ExactMetrics