UA-144554895-1

食生活

ネオソフトとマーガリンの違いがあってもバター代わりの使い道が!

投稿日:2021年8月15日 更新日:

 

いつも当たり前のように使っているネオソフトなどのマーガリン類。

 

買うたびにいつも不思議に思うのがネオソフトはマーガリンなのか?です。

 

バターは高いし、安価なマーガリン等を使ってますが、よく言われるトランス脂肪酸の問題も気になるところです。

 

この記事では、ネオソフトはマーガリンなのか違いはあるの?やネオソフトおいしいけどマーガリンが体に悪いについて紹介しています。参考にして下さい。

スポンサーリンク

ネオソフトはマーガリンなのか違いはあるの?

 

ネオソフトはマーガリン等に分類されるといいます。

マーガリンではないしバターでもありません。

 

正確にはファットスプレッドと言われ、原料は植物性油脂です。

 

脂肪含有率が80%以上でマーガリンであり、80%未満がファットスプレッドと言われます。

 

どっちにしろマーガリンという印象が強いですけどね...。

 

マーガリンは植物性脂肪で人工的に水素化して固形化したものです。ベニバナ油やコーン油等を原料(植物油脂)にしているものが多いです。

 

ネオソフトもバター代わりの使い道が!

よくバターと比較されますが、食感としてはコクがなくてふんわりサラサラしています。

 

パンにぬってもあっさりしているので、はっきり言って濃厚な味は楽しめません。

 

元々、パンに塗るバター代わりの使い道から便利さを感じて広く普及するようになりました。

 

そういえば、学校でも給食にマーガリンが使われていて、いろいろな個袋や銀紙が目を楽しませてくれたものです^^

 

今では純粋なマーガリンと言うよりも、ネオソフトをはじめラーマやコーンソフトなど、様々な商品が店頭に並んでいるので、どれがいいのか迷うところです。

 

ソフト&バターなんかは、バターの塗りにくさを改善したホイップタイプのもので、バターよりも手頃で使えるというのが嬉しいのですが...。

スポンサーリンク

ネオソフトおいしいしお菓子作りも合う

ケーキやクッキー、蒸しパンなどバター代わりにも使えるので、イイかなと思います。

 

このようなお菓子やケーキはバターを使うのが普通だと思ってましたが、味自体はそんなに変わらない印象です。

 

ドライフルーツをまぜたパウンドケーキなんかだと、コクはないもののあっさりした風味になります。

 

少々塩身が感じることもありますが、安価に手軽に食べれるので満足してますね。

 

ネオソフトおいしいけどマーガリンが体に悪い

そうは言うものの、マーガリンは悪いとか危険だとか聞いたことがあるかもしれません。

 

これはマーガリンの製造過程でトランス脂肪酸が大量に発生するという問題です。

 

よく週刊誌にも食べてはいけない食品を特集で掲載してますが、トランス脂肪酸のことも書いてありました。

 

健康への影響で冠動脈疾患、心臓病のリスクが高くなるということです。

 

このような話題が広まって、メーカーのほうでも従来品より大幅にトランス脂肪酸の量を低くしているようです。

 

イメージはバターのほうが、マーガリンよりトランス脂肪酸が少ないから健康に良いと捉えがちです。

 

でも実際は、バターにもトランス脂肪酸が含まれているし、むしろ現在は企業努力もあって、バターよりも少なくしているところだというので驚きです。

 

正直、これが真実なのかどうか微妙な感じも持ちますが、きちんと対策を打ってのことだと思います。

スポンサーリンク

マーガリンを食べ過ぎると良くない?

確かにトランス脂肪酸を大量に摂取すれば、心臓疾患等のリスクが高まるでしょう。

 

でも果たして日本人がWHOの1日の摂取量を取りすぎるのかどうか?

 

普通にトーストを朝食べている、たまにお菓子を作って食べている分には、何ら問題はないということです。

 

つまり、それだけマーガリンが好きで過剰に食べ過ぎるということでなければ、気に障る問題ではないということです。

 

しかし、マーガリンに加えてハンバーガーや生クリーム、ドーナッツなど脂っこいものを日頃からとっているとなると、危険度が増すとも言えますね。


※関連記事↓

 

まとめ

マーガリンというと、健康に良くないイメージがいつの間にかついた感じがします。

 

店頭に並んでいる商品もマーガリンと目立つこともありません。

 

バターとかスプレットのような書き方ですね。

 

ネオソフトや類似の商品もマーガリン等と言われるものが多く、曖昧に何となく買い続けています。

 

バターは動物性脂肪、マーガリン等は植物油脂が主原料。

 

気になるトランス脂肪酸も、今では両者にそう大差がない状況のようです。

 

ホームページで商品を出しているメーカーでの対応、努力が感じられますね。

でも、マーガリンやバターも食べ過ぎ、過剰摂取は心配。

 

しかし、普通に食べる分には、欧米と比べて日本ではそんなに心配しなくてもよい感じに見受けられます。

記事下アドセンス

Sponsored Link



記事下アドセンス

Sponsored Link



-食生活

執筆者:

関連記事

鮭フレーク開封後の冷凍や冷蔵庫の保存方法!賞味期限や何歳から離乳食に使用できるか気になる!?

  手軽に・低価格な鮭フレークだから、自宅に常備しているものです。 でも、鮭フレークの開封後は冷蔵庫や冷凍庫にどのように保存したらいいか気になりますね。   鮭フレークはご飯のお供 …

朝の納豆で1日を効果的に過ごせる!体がリセット?

      納豆というと好き嫌いがはっきり出る食材です。 でもいまは健康ブームだし、 よくテレビでネバネバ食品がいいこ とだと盛んに言われてますね...。   …

毎日サバ缶納豆は健康やダイエットの効果は?TVで人気の食べ方!

  サバ缶や納豆は手軽に簡単に食べられ栄養もある食べ物です。   と言っても毎日、塩分が多いと言われるサバ缶を食べてもいいのか心配です。   それでも、テレビのケンミンシ …

すだちは徳島がなぜ有名!?かぼすと違う旬に美味しい使い方

さわやかで清々しい香りのすだち愛好者も多いなか、徳島のすだちが有名です。 すだちというと徳島以外では、なかなか生産地が思い浮かびません。     そんな徳島のすだちですが、できれば …

鮭フレークの栄養で体に良いタンパク質が健康効果を生む!?体に悪いのは食べ過ぎの塩分過多や添加物?

  鮭フレークといえば、サケをほぐしたものだから、 当然鮭の切り身を食べなくても、手軽に食べられて栄養が豊富。   鮭フレークの栄養といえば主にタンパク質も多いので、 筋肉の維持や …

オンラインヨガ・フィットネスのSOELU