UA-144554895-1 G-0YR244YH60

快適生活健やか情報館

面白い日々を毎日送ろう!(※当サイトではプロモーションが含まれています)

食生活

揚げ物のべちゃべちゃを復活させたい!サクッとならない原因と解消法

投稿日:

 

揚げ物を作るときに、サクッとした食感にならずに
べちゃべちゃになってしまうことがありますよね?

 

この記事では、揚げ物がべちゃべちゃになる原因!や、
揚げ物がサクッとならないでべちゃべちゃになる原因から
復活させる解消法!について紹介してます。

 

ぜひ参考にして、おいしくサクサクな揚げ物を楽しんでみてください!

スポンサーリンク

記事下アドセンス

Sponsored Link



揚げ物がべちゃべちゃになる原因

 

 

揚げ物がべちゃべちゃになる原因はいくつかありますが、
まず、油の温度が低いケースが多いです。
揚げ物をするときには、油が十分に熱くなっていることが大切。

 

 

もし温度が低いままで揚げてしまうと、
衣が油を吸収してしまい、べちゃべちゃになってしまいます。

 

 

また、衣の下ごしらえが不十分な場合も
揚げ物がべちゃべちゃになる原因。
食材を揚げる前に、しっかりと水分を
拭き取ることが大事ですね。

 

水分が残ったままだと、衣がべちゃべちゃに
なってしまうので注意が必要です。

 

 

そして、食材の水分が多いと
揚げ物がべちゃべちゃになるものです。
特に水分の多い食材を揚げる場合には、余分な水分を
事前に取り除く必要があるので手間がかかります。

 

面倒ですが、食材を塩もみするなどして
水分を抜くと、揚げ物がサクサクに仕上がります。

 

最後に、油の交換時期も、
揚げ物のべちゃべちゃの原因となります。
油は使い回しすることで劣化してしまい、
衣がしっかりと揚がらなくなります。

 

新しい油を使うことで、揚げ物がより美味しくなるので、
定期的な油の交換が大切です。

 

以上が揚げ物がべちゃべちゃになる原因の要点です。

 

油の温度、衣の下ごしらえ、食材の水分、
油の交換時期に気をつけることで、サクサクとした
揚げ物を楽しむことができますよ。

 

ぜひこれらのポイントを覚えて、
おいしい揚げ物を作ってみてください!

スポンサーリンク

記事下アドセンス

Sponsored Link



揚げ物がサクッとならないでべちゃべちゃになる原因から復活させる解消法!

 

揚げ物がべちゃべちゃにならないためには、
先ほどのベチャベチャになる原因を解消することですね。

 

まずは、油の温度管理です。

 

揚げ物をする前に油の温度を確認しましょう。
一般的な揚げ物は、油の温度が
170℃前後が適切と言われてます。

 

熱した油に箸を入れると、普通に泡が継続して
でてくる状態の温度だと上手く揚がりやすいです。

 

揚げ物油は適切な温度になるまでじっくりと熱し、
食材を入れるタイミングを逃さないようにしましょう。
温度が低いと衣がべちゃべちゃになるので注意が必要です。

 

この時、油が少なくて材料を多く入れすぎると
油の温度が下がってしまいます。
材料に対して油の量が少ないと、温度が低くなり
不完全に上がるのでべちょべちょです。

 

その場合は、少しづつ材料を投入して
様子を見ながら調整するとイイです。

 

次に、衣の下ごしらえのコツです。
食材を揚げる前に、水分をしっかりと拭き取ることが大事。
キッチンペーパーや布巾を使って、
余分な水分を取り除くことが大切です。

 

水分が残っていると衣が水分を吸ってしまい、
べちゃべちゃになってしまいます。

 

また、食材の水分が多いと味や食感が悪くなります。
特に水分の多い食材は、事前に水気を取り除く必要がありますね。
食材を塩もみするか、キッチンペーパーで軽く押さえる
ことで水分を抜くことができますよ。

 

水分を適切に調整することで、
揚げ物がサクサクにできるので美味しく食べられます。

 

そしてより揚げ物をサクッとするには、
油を適切に交換するのがポイント。
使い回しの油は劣化し、揚げ物の品質に影響を与えます。

 

定期的に油を交換することで、衣がきれいに揚がり
べちゃべちゃになるリスクを軽減できます。

スポンサーリンク

記事下アドセンス

Sponsored Link



揚げ物がサクッとならない悩みを解決!主婦の体験談から学ぶアドバイス

 

最後に、揚げ物料理が上手くできているかアンケートを取ってみました!

その一部を紹介します。

 

油の温度管理がポイントです!

揚げ物がサクッとならない原因の一つは、
やっぱり油の温度が低すぎることです。
温度が低いと衣が油を吸ってしまい、
べちゃべちゃになります。

 

私は温度計を使用して油の温度を確認し、
揚げる前に十分に熱くするように心掛けました。
料理用の温度計が売っているので、
それを利用してみると便利ですよ^^

 

温度が高いと油跳ねが怖いですから十分に
注意しながら、食材を入れるタイミングを見計らいましょう!

 

揚げ物の衣のつけ方、作り方

衣の下ごしらえも重要です。
食材の水分をしっかりと拭き取り、
余分な水分を取り除くことがポイント。

 

私はキッチンペーパーを使って丁寧に
水分を吸い取るようにしました。
水分が残ったままだと衣がべちゃべちゃになるので、
ここは丁寧に衣を作っていきます。

 

揚げ物食材の水分調整を忘れずに

野菜やキノコ類など、水分の多い食材を揚げる場合は、
事前に水分を調整することが大切です。
私は食材を塩もみして水分を抜く方法を試しました。

 

そうすると、水っぽさがなくなるんですね。
どうしても、サクッとした揚げ物が食べたいなら
面倒でも丁寧にやった方が、美味しく食べれますね。

 

やはり、塩もみすることで水分が抜け、サクサク感が増します。
揚げる直前にもう一度水分を拭き取り、
衣がしっかりつくようにしました。

 

新しい油を使う、油の使いまわしはしない

使い回しの油は衣がきれいに揚がりにくくなる原因となります。
私は定期的に油を交換することを心掛けました。

勿体ないですけどね...。

 

だけど、どうしても古い油だと、
上手く揚げにくいし臭いもするものです。
食欲や食感にも影響します。

 

酸化した油を何度も使うのも気が引けますので...。

 

新しい油を使用すると、衣がサクサクと仕上がります。

油の交換時期を把握し、美味しい揚げ物を作るために、
できるだけ新しい油を使った方がイイですね。

まとめ

揚げ物がべちゃべちゃになる原因は、
油の温度管理や食材の下ごしらえ、食材の水分、
古い油の使用などにあります。

 

これらの問題を解消するために、油の温度をしっかりと管理し、
食材の水分を十分に取り除くことがポイント。

 

また、新しい油を使うことで揚げ物を
サクサクに仕上げることができます。
これらのことに注意して揚げ物を作ってみてください。

 

おいしいサクサクな揚げ物を楽しめますよ^^

 

 

記事下アドセンス

Sponsored Link



記事下アドセンス

Sponsored Link



-食生活

執筆者:

関連記事

ウインナーを毎日食べても大丈夫か!?1日何本で体に悪いのかと食べる頻度も関係アリ?

ウインナー好きだけど1日に何本くらいに しておけばいいのか気になるものです。   と言うのも、ウインナーを毎日だと 体に悪いなどとよく言われます。 塩分や脂肪分が多いのもそうですが、 発がん …

マヨネーズのかけすぎと食べ過ぎは気持ち悪いし健康に悪い!?好きすぎると下痢や太って病気になる?

  食事中にソースやしょう油、ドレッシングといろいろ食べ物にかけます。   いろいろ調味料がある中で、マヨネーズは外せないものです。   そして、マヨネーズ好きすぎる人に …

鮭の中骨水煮缶をそのままでも美味しい!栄養が摂れて体調がいい簡単な食べ方は?

  最近、健康やご長寿が何を食べているなど、 とにかく健康を取り上げている番組が多くなってますね。 それで、鮭缶をよく食べる方が取り上げられました。   風邪をひいたことがないとか …

食パンは太る食材?毎日菓子パン食べれば、太った!そりゃ当然でしょ

    色の白いものは栄養がないとか、血糖値が上がりやすいとかいろいろ最近よく耳にします。   昔から食パンや菓子パンはあったし、食パンと食べると太るなんて聞いたことあり …

鯖缶の汁は体に悪いし危険!?毎日サバ缶を食べ続けた結果は水銀が有害でもコレステロール改善効果と汁は飲んだ方がいいのか?

最近よくテレビの健康番組で話題になる鯖缶。   その中でよく目につくのが、芸能人など有名人が毎日鯖缶を食べ続けた結果、髪や血糖値と血圧、コレステロールが減るなど体にいいメリットが言われてます …

オンラインヨガ・フィットネスのSOELU




Verified by ExactMetrics