UA-144554895-1 G-0YR244YH60

快適生活健やか情報館

面白い日々を毎日送ろう!(※当サイトではプロモーションが含まれています)

食生活

揚げ物はいつから子供が食べれる!?離乳食から揚げ物が初めての場合に安心して与えたい!

投稿日:2023年5月1日 更新日:

 

揚げ物はいつから子供に与えるのが適当か?
気になる場合があります。

それでも離乳食から揚げ物を初めて与えるのも迷うもの。

 

この記事では、揚げ物はいつから子供が食べれる!?や
揚げ焼きで手間や掃除がなくて便利、離乳食から揚げ物が
初めての場合に安心して与えたい!について紹介してます。

 

スポンサーリンク

記事下アドセンス

Sponsored Link



揚げ物はいつから子供が食べれる!?

 

揚げ物は子供が食べ始める時期によって違いがありますが、
一般的には1歳を過ぎてから始めることができます。

 

 

知り合いの家庭でも、その頃から揚げ物を与えている
ということをよく耳にしますから...。

 

 

だいたい、1歳を過ぎたころから唐揚げやポテトフライ、
天ぷら、お子様ランチを食べさせた話は聞きます。
でも、子供がアレルギーを持っているとか、
消化器系に問題がある場合は、医師に相談するのがいいですね。

 

 

子供の食事と大人の食事を合わせて作るのも大変だし、
正直手間がかかるので、早く子供にも同様の食事を
させたいと思うもの。

 

また子供の方も揚げ物を食べたがっているようであれば尚更です。

 

そこで、どうしても揚げ物を子供に与えるようになった場合は、
次の事に注意することが大事。

 

油の温度管理

油の温度が高すぎると、揚げ物が焦げ付いたり、
中が生焼けになることがあり面倒。

 

一方で、油の温度が低すぎると、揚げ物が油を吸いすぎて、
油っぽくなってしまうことがあります。
この加減が面倒で手間がかかりますね。

 

それでも、油温をしっかりと管理して、
適切な温度で揚げ物を調理したいところです。


★揚げ物の生焼けや食中毒にも気をつけたいものです!


食材の下ごしらえ

揚げ物をする前に、食材の下ごしらえをしっかりと行うことも重要。
食材をよく洗い、水気をしっかりと拭き取ります。

 

また、衣を付ける前に、余分な脂肪を取り除くなど、結構気を使います。
それでも、適切な下ごしらえを行うと安心ですよ!

 

食材や手洗いなど、食中毒や衛生面にも十分注意することが必要ですからね...。

 

衣の作り方

揚げ物の衣は、サクサクとした食感が楽しめるように、
しっかりと作れると成功。
小麦粉や片栗粉、卵などを使って、
適切な割合で衣を作り食材にしっかりと付けましょう。

 

 

以上のように、揚げ物をする際には、油の温度管理や
食材の下ごしらえ、衣の作り方などに注意することがポイント。

 

これらのポイントを抑えて揚げ物を作ることで、
子供に美味しく安全に食べさせることができます。

スポンサーリンク

記事下アドセンス

Sponsored Link



 

揚げ焼きで手間や掃除がなくて便利

 

油っこい感じになるなら、まずは揚げ焼きで
食べさせてみるのも方法の1つ。

 

油っこいものだと、アレルギーが心配という場合もあります。
揚げ物を食べ始めたばかりだと、消化機能がまだ万全でない
ことも多いもので気にかけるところです。

 

お腹が弱く下痢気味であれば後々面倒なことにもなりますね。

 

唐揚げなら、火が通り易いようにより小さく切って、
市販の唐揚げ粉をまぶします。
フライパンで少ない油(なべ底から1~2センチくらい)で。

 

これだと、たくさん油を使わないので片付けも簡単ですよ!

離乳食から揚げ物が初めての場合に安心して与えたい!

 

唐揚げ、とんかつ、天ぷらなどは、幼稚園児前後の子供に
食べさせても問題ありませんが、以下の点に注意することが大事です。

 

油の温度を適切に調節する

油の温度が高すぎる場合、食材が焦げやすくなり、
また、油の飛び散りが発生することがあります。
そのため、油の温度を適切に調節して調理することですね。

食材の大きさを適切にする

幼児には喉に詰まらせないように、
食材の大きさを食べやすくすることです。

 

特に唐揚げやとんかつなど、鶏肉や豚肉などが
厚くなっている場合だと危険だし、
適切にカットしてから調理するようにしましょう。

 

衛生面に注意する

調理器具や食材、手洗いなど、衛生面にも十分注意した方がイイです。

 

塩分や油分の摂取量に気を付ける

唐揚げやとんかつ、天ぷらなどは、塩分や油分の摂取量が
多いため、適量に抑えるように心がけましょう。

 

特に、幼児には塩分の過剰摂取が問題で
アレルギーや消化不良に注意したいです。

 

他の栄養素もバランスよく摂取する

揚げ物は栄養価が低いため、他の栄養素を
バランスよく摂取することが大切。
野菜や果物、豆類などを併せて摂取するようにしたいもの。

 

以上のようなことに注意して、
揚げ物を子供に食べさせるのが適切です。

 

まとめ

子供が揚げ物を食べ始める時期は個人差あるので
違いはありますが、一般的には1歳を過ぎてから
始めることができます。

 

油の温度管理や食材の下ごしらえ、衣の作り方など
手間がかかりますが子供に合った調理方法で
食べさせると、より安心ですね。

記事下アドセンス

Sponsored Link



記事下アドセンス

Sponsored Link



-食生活

執筆者:

関連記事

ウインナーを毎日食べても大丈夫か!?1日何本で体に悪いのかと食べる頻度も関係アリ?

ウインナー好きだけど1日に何本くらいに しておけばいいのか気になるものです。   と言うのも、ウインナーを毎日だと 体に悪いなどとよく言われます。 塩分や脂肪分が多いのもそうですが、 発がん …

すだちは徳島がなぜ有名!?かぼすと違う旬に美味しい使い方

さわやかで清々しい香りのすだち愛好者も多いなか、徳島のすだちが有名です。 すだちというと徳島以外では、なかなか生産地が思い浮かびません。     そんな徳島のすだちですが、できれば …

おはぎで太らないために朝おはぎダイエット!?太るし体に悪い訳けでなくて食べるタイミングで体にいい効果が!

  おはぎ好きにとって、毎日食べるのも習慣になってしまいそうで、食べ過ぎてしまうのが気になるところです。   別にあんこばかり食べるわけでないけど、甘いものは血糖値も上がり易いし、 …

マヨネーズで筋肉がつくか!?バルクアップのため筋トレして増量しないとやせ細る!?

  普段からいろいろなものにマヨネーズをかけて、食事している方も多いと思います。   最近は食パンに、ポテト サラダを挟んで食べるのが気に入って、パンにマヨネーズやからしをたっぷり …

ダイエットしても菓子パン食べたい!パンが食べたい時に代わりの食事で足りない栄養素を補給!?

  時々、菓子パンが食べたくなる時ってありませんか?   このごろ太りすぎだからダイエットをしようと思っていて、普通に野菜やきのこ、豆類やご飯を食べている。   それでも …

オンラインヨガ・フィットネスのSOELU




Verified by ExactMetrics