UA-144554895-1

気になるところ 話題・トピック

まともな会社とブラックの見分け方!ハローワークのホワイト企業見極める

投稿日:2022年4月2日 更新日:

 

 

一時期、ブラック企業の問題が盛んに取りざたされてましたが、そうなると就職や転職の際、まともな会社 見分け方が重要になってきます。

 

最近では、ホワイトすぎて怖いと感じる新入社員もいるようですが、それでも、やばい求人やブラック会社を見極めたいもの。

そこで今回は、面接でまともな会社ダメな会社を見分けるポイント、ハローワークのホワイト企業の見分け方、会社のブラックを見極めるについて調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

面接でまともな会社ダメな会社を見分けるポイント

 

まず、まともな会社の見分け方で手っ取り早いのは、普段から長時間労働が常態化しているとブラック!?

 

時間外労働が繁忙期でも月に80時間内で終了しているか。

 

月に働かなければいけない日数にもよりますが、1日4時間近く残業が当たり前だと注意。

 

割増賃金の計算が適正かどうか、固定残業代の場合(残業何時間分か)越えた時間は追加で払うなどチェックするべきです。

 

それでも、求人情報からは詳しく知りようがありませんね...。

スポンサーリンク

会社の面接の雰囲気、やばい求人印象は

今まで、いろいろな会社の面接を受けてみて感じたことは、その面接担当者の態度に好感を持つかどうかということです。

 

面接担当者もいろいろなタイプの人がいるわけですが、その中でも態度が上から目線的な高慢な印象を持つことがよくありました。

 

そんな会社は給与が高いので、何の疑いもなく入社したら、会社の雰囲気がよくない場合が多かった気がします。

 

今はスマホアプリ等でマッチングサイトもあるので、口コミや会社のホームページ等で前もって調べることも簡単で容易になりましたけどね...。

 

 

以前であれば、紙媒体の求人誌やハローワーク等で求人情報を探すのが主流で、その少ない文字情報で会社の雰囲気を想像するしかありません。

 

 

それでも、その求人内容の各項目が詳しく書かれている(特にハローワークの求人票)ものは、希望している仕事内容であれば応募してみる価値があります。

 

 

求人項目の職種、仕事の内容、求人条件の特記事項、備考などは文字が多めで詳細に書かれていれば、その会社の求人意欲や熱心さが分かるからです。

スポンサーリンク

ハローワークのホワイト企業の見分け方

よくハローワークでは会社の都合のよいことしか書いてないので、自分が知りたいことが書かれてないという不満を耳にします。

 

今では、ハローワークに求人の登録をした場合、スマホアプリ、インディード、グーグル等の他の検索にもヒットします。

 

 

例えば、特記事項や備考欄に、”両立支援のため労働時間の希望がある方、ご相談に応じます”、”未経験でもマンツーマンで個別に指導します”などと書かれていたなら、気になる求人内容になりますね。

 

 

お互いに成長していこうとする、やる気のある会社であれば、求人から真剣にならざるを得ません。

 

なぜなら、今はネットに情報があふれているし、ありふれた求人内容なら、求職者が見向きもしません。

 

 

今や、会社が求職者に選ばれるようになっているのを自覚している会社の方が、将来性があるように思います。

 

働きやすい労働条件で、各個人の状況に合わせたほうが、効率よく働いてもらえるし、会社で長く働いてもらえる。

 

このことを根底から分かっている会社なら、いまコロナで流行になっているテレワーク勤務制度を作ったり、比重を徐々に増やしていくなど、余念がありません。

 

 

そのような会社は、ますます求人が集まり、働き方や福利制度が改善されやる気や会社の業績も高まって居心地が良くなるのではないでしょうか...。

スポンサーリンク

会社のブラックを見極める

まともな会社とブラックな会社とどう違うのか?ブラック会社というと、長時間働かされたり、パワハラが目立っている等が一般的。

 

他にも、面接した時(入社前の労働条件)と入社してからの労働条件がだいぶ違う。

 

・予想したよりも残業が多い
・有給休暇が取れない
・正確な残業代が支払われてない(未払い残業代がある)

 

このようなことがあれば、入社するのが望ましくないのですが...。

 

 

ブラックな会社でないとしても雰囲気や見極め方はそれぞれで、こればかりは実際に入社してみないと分からないと言うのが実情です。

 

 

入社前に現場見学で会社の雰囲気を把握するケースもありますが、結局、面接してみて担当者や途中の社内の雰囲気がどのように感じるか!?でしょう。

 

ある会社に入社してみて

ある会社に面接にいったとき10人きてました。そのうち数人は翌日来なって、試用期間中に1週間くらいで数人辞めていきます。

 

その会社は試用期間は1か月でしたが、残った人は数年から長く働いていました。

内勤の営業の仕事でしたが、時期によって残業時間が違っても給与はほとんど変わらず。

営業手当が残業手当と見なされていたのかもしれませんが、当時はネットで詳しく調べることもできません。

 

そんなものだと思って、やり過ごすケースも多かったのではないでしょうか。

 

今は、その気になれば詳しく調べて、対処する環境が整ってきましたけどね...。


※関連記事↓

 

 

まとめ

このように、まともな会社の見分け方と言っても、求人の内容や面接でどのように感じるかが実際のところです。

 

結局、試用期間中働いてみて自分と会社の相性、長く続けられるか見定めることになるのではないでしょうか。

 

その上で、残業が普段から多いのか、残業手当の支払いが適正か、パワハラの相談窓口があるのか!?、職場の雰囲気がいいのか、探っていくことになるかもしれません。

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

記事下アドセンス

Sponsored Link



記事下アドセンス

Sponsored Link



-気になるところ, 話題・トピック

執筆者:

関連記事

在宅勤務中に寝るからサボってると思われるテレワークは減少!?

  コロナが次第に終息しても、テレワークをこのまま継続していって出勤者を減らすことに抵抗があるようです。   どうやら、経営者側はテレワークよりも会社出勤の割合を増やすのが希望なの …

試用期間のクビはよっぽどダメでミスが多いから!?怖い時の対処

  近頃、試用期間中でも短期間で解雇されている人が増えてきているみたいですね。   普通は、試用期間にクビになるのはよっぽどミスが多い、出勤実績や勤務態度などよくない前兆があるもの …

鬼滅の刃の主題歌が変更!?2期の交代でも中止しないで良かった

  鬼滅の刃の主題歌が変更されたということで、鬼滅ファンには大きな影響をあたえたところです。   人気になった鬼滅の刃の主題歌は、1期からのLiSAの紅蓮華や炎の印象が強く離れない …

テレワークで監視されてるか確認できる!?カメラ作動やパソコン履歴どこまで!

  最近では、テレワークで在宅勤務する人がが増えてきているみたいですね。   自宅で仕事できることはいいですが、テレワークで会社がソフトを入れてパソコンの監視をどこまでするのか気に …

家に仕事を持ち帰る人にならないために!違法!?でも家庭に持ち込む

  仕事のストレスを家に持ち込まないと思っても、やむを得ず、家に仕事を持ち帰る人も少なくないです。   やり残った仕事で家でイライラする場合もありますからね。   特に代 …

オンラインヨガ・フィットネスのSOELU