UA-144554895-1

健康 食生活

鯖缶を毎日食べたらデメリットで体に悪い?食べ過ぎは健康の落とし穴 

投稿日:2020年6月20日 更新日:

 

鯖缶好きな人にとっては、毎日食べるのも
平気でなんてことないですよね。

 

特に1人暮らしや、単身赴任、独身であれば、
料理する手間もないし忙しい生活にはピッタリ合う。

 

でも鯖缶を毎日食べたら健康に悪いなど
デメリットもあるのかと心配です。

 

この記事では、鯖缶を毎日食べたらデメリットや
鯖缶の汁 は体に悪いのかどうか、鯖缶の水煮が好きな人は
食べ過ぎ注意したらいいかについてお話しますね。

スポンサーリンク

 

鯖缶を毎日食べたらデメリットが多い...?

 

鯖缶が好きだとほぼ毎日でも食べたいものですが、
食べ過ぎてしまうとどんなデメリットが
あるのか気になるかもしれません。

 

デメリットとして考えられるのは、こんなところです。

 

1、1缶当たりのカロリーが高い
2、魚介類に多い水銀の多量摂取
3,塩分が多い問題
4、プリン体の過剰摂取

 

1.  1缶当たりのカロリーが高い

これらが鯖缶を食べ過ぎたときに、心配されるデメリットとされてます。

 

まずカロリーの問題ですが、スーパーでよく見かける
一般的な鯖缶には、味噌煮缶や水煮でも
約300キロカロリー以上あります。

 

ちなみに、味噌煮の方がよりカロリーが多くなります。

それでいて、軽くごはん1杯が約230キロカロリーです。

 

そうすると、意外と鯖缶はカロリーが高いということです。

 

それに肉類や卵、野菜など摂るとすれば結構な
カロリー量となり、太る原因になります。

 

2. 魚介類に多い水銀の多量摂取

2番目の魚介類での水銀の問題。

 

特定の魚類を偏食すると多量の水銀を摂りこみ、
体に支障をきたす恐れがあります。

 

特にマグロやクジラ深海魚が注意されているところです。

 

これらの魚を主に主菜とするなら、
週2回が望ましいと言われているんですが...。

 

特にマグロが好きな人にとっては、こういう見解は迷うところではあります。

 

一方で、さば、いわし、サンマなどは、メチル水銀が少ないこともあって、それだけを毎日食べるような、極端な偏食をしなければ問題ないということです。

 

まあバランスよく食べればいいわけです。

 

スポンサーリンク

 

3. 塩分が多い問題

一般的に缶詰は保存食です。

 

そのため長く物持ちよくするため塩分や
いろいろな添加物、調味料が入っています。

 

大体ですが、鯖の水煮缶には約2グラムの塩分が含まれてます。

 

味噌煮の方がより多く塩分が多めです。

 

日本の大人の1日塩分摂取量が7.5グラムとすると、
鯖缶1缶食べればそれだけで、約3分の1近くを摂取することになります。

 

1日3食バランスよく食べるとすれば、鯖缶を毎日食べると
容易に塩分8グラムは言ってしまうのではないでしょうか!

 

4. プリン体の過剰摂取

鯖缶毎日食べたいけど、プリン体の事が心配だから
控えている人も多いのではないですか?

 

鯖缶の水煮汁には痛風の原因になるプリン体が
多くあることで知られているからです。

 

おまけに缶詰類は単品ぞろいで組み合わせに
よって、1食が満足出来る、偏食し易い構成にもなりやすいですね。

 

例えば、鯖缶にビールやするめなどの干物類、
缶酎ハイもそろえば、定番ではあるけども、
何かとやっかいな食習慣になる心配もありますね。

 

鯖缶や汁が体に悪いのが不安

 

テレビでも体の健康に良いと何度でも放送されるので、
いつの間にか人気になった鯖缶。

 

一時期はあらゆる売り場で品切れ状態に...。

 

鯖缶にはEPAやDHAなど、中性脂肪やコレステロールを
減らすことが良く知られるようになりました。

 

鯖缶などには、サビの防止のためにカンズメの
裏側にビスフェノールAがコーティングされてます。

 

でも缶を開けたら、酸化が始まりそれが汁内に溶け出します。

 

だから鯖缶の汁を飲むのは危ないというのです。

 

なので、鯖缶を毎日食べる、鯖缶を食べ過ぎる
というのは体に悪いということになります。

 

でも専門家は汁も体にいいから飲みなさいと言いますね。

 

どうにも迷うところです。

スポンサーリンク

 

結局、鯖缶の水煮の食べ過ぎが健康に悪いならどうするの

鯖缶はテレビでもよく言われているように、
生活習慣病の予防になり得る良い食材です。

 

かといって、鯖缶を毎日食べるのもいろいろ
デメリットも生じ易い食べ物でもあります。

 

いろいろ調べてみると、今のところ、どうしても、
鯖缶を毎日食べるなら1日1缶が妥当ということになりそうです。

 

もっと言えば、せいぜい2日に1缶のペースで。

まあ塩分やカロリーの問題を考えるなら、適切でしょう。


※関連記事↓

まとめ

鯖缶を毎日食べるデメリットにカロリー、塩分摂取過多になる恐れがあります。

 

また鯖缶の食べ過ぎにより、水銀やプリン体の過剰摂取の問題も不安ですね...。

 

さらに煮汁に溶け出したビスフェノールAを、体に摂りこむ不安要素もあり、とても迷うところです。

 

いろいろな不安もありますが、鯖缶は適正に摂っていれば、健康に優れた良い食べ物です。

 

だから、バランスよく適当に食べていくと体にはプラスになりますね。

記事下アドセンス

Sponsored Link



記事下アドセンス

Sponsored Link



-健康, 食生活

執筆者:

関連記事

チリ産サーモンの寄生虫やアニサキスが怖いけど冷凍や加熱で安心?

    テレビでも、生の魚を刺身で食べるとアニサキス等の寄生虫の問題が取り上げられることがあります。   店頭でチリ産サーモンの刺身を買うときに、寄生虫のことで気にするこ …

べったら漬けの食べ過ぎは太る!?漬物のむくみやダイエットが気になる

  露店や百貨店などで匂いにつられて買ってしまう、べったら漬やお気に入りの漬物。   べったら漬が美味しすぎて食べ過ぎてしまいそうですが、太らないか気にもなりますね。   …

鶏胸肉を茹でると重さが減る!?タンパク質は摂れているか!?

  鶏胸肉は肉類のなかで安価で、高タンパクで低脂肪。 また、ダイエットや筋トレ、疲労回復のために食べる機会も多いです。   でも、鶏胸肉を茹でると重さが減って、タンパク質など栄養が …

食べない方が元気で健康や体調がいいのか、疲れやすいのか?

  中高年、40歳後半あたりから食事の量が 減ってきたとか気になったりすることがありませんか?   逆にそのくらいの年齢でも食欲旺盛な人も いると思いますが、比率としては 少なくな …

ダイエット中に揚げ物が食べたくなるけど完全にやめない食習慣は? 

  ダイエット中でもとんかつ、唐揚げ、マックポテトなどむしょうに揚げ物が食べたくなる時ってありますね。 脂っこいものはカロリーが高いし、太りにくくする食習慣とは全く正反対のイメージ。 でも揚 …

オンラインヨガ・フィットネスのSOELU