UA-144554895-1

健康 暮らし・生活

日光浴を服の上からでも、手のひらからビタミンⅮパワーで元気!

投稿日:2020年2月8日 更新日:

 

最近では紫外線防止のために、日光浴とか陽に当たるのは良くないイメージが定着してますね。

 

しかしながら、一方では日光浴することで、カルシウムの吸収を助けて、骨を丈夫にして
くれるビタミンⅮの生成を、促してくれるのが知られてきました。

 

【POLA】最高峰B.A の日中用クリーム

 

それなら、シミやしわができやすいなら、服を着たままでも日光浴の効果があればいいことになります。

 

薄目の白い服なら、紫外線のカット率が高いという評価もあって、夏場でも重宝するのではないでしょうか。

 

でも、紫外線は長時間浴びてもいけないし、直接肌にあてないとビタミンⅮが生成されにくいので悩むところ。

 

この記事では、日光浴を服の上からでも手のひらからビタミンⅮが?やガラスはUVB紫外線をカットする、ビタミンⅮは万能ビタミン?について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

日光浴を服の上からでも手のひらからビタミンⅮが?

 

寒い季節になると、肌の露出が少なくなります。

 

服の上から日光浴として、手のひらを太陽にかざして
もビタミンⅮを体内に作ることができる
ということです。

 

テレビ番組でも紹介されてますね。

 

あんまり長く陽に当たる必要はなく10~20分くらいのようです。

 

それでも冬場は、肌をさらす面積が少ないし、
日照不足なために、ビタミンⅮができにくい
ともいわれています。

 

つまり体を調子よくしてくれる十分な量
を作るのが、難しいということです。

 


※関連記事↓

冬の日焼け止め、紫外線対策も気になりますね。これに関してこちらの記事でまとめてあります。

⇒ 冬の日焼け止めにspfが必要!塗らない方が良い?使用期限は


 

あるドクターによれば、服の上から
日光浴するよりも、もっとからだを露出させる。

 

半袖で短パンの状態で毎日10~20分くらい
毎日陽を浴びるのが理想だと言っています。

 

でも、夏場ならともかく
冬場の寒い時期だとこれは無理です。

 

スポンサーリンク

 

ガラスはUVB紫外線をカットする

それならば、肌寒い日は家の窓際、ガラス窓の近くに
いればいいじゃないかということですが...。

 

実はUVBはガラスをカットするというので、
実際に窓をあけて日に当たらないと意味がないです。

 

紫外線はUVAとUVBがあるのは広く知られてますが、
波長の長いUVAは皮膚の奥まで浸透して炎症を起こします。

 

UVBは皮膚の表面に日焼けを起こしシミの原因になります。

 

どちらも肌に悪い影響がありますが、一方で適当に
UVBを浴びていないと、ビタミンⅮが作れない
ので、面倒な話なんですね。

 

紫外線が嫌だから日焼け止めを塗って、
陽を浴びればいいと思いがちですが、
その日焼け止めがUVAやUVBをカットして
しまうため、ちゃんと浴びたことにならない。

 

だからそれは日光浴にならない、効果がないということなんです。

 

こうなると、肌荒れやしみが嫌か、健康で元気に生きた
いかと、矛盾するんですが...。

 

なんとかそこら辺を上手く調整して、日々生きる工夫をするしかありません(苦笑)

 

スポンサーリンク

ビタミンⅮは万能ビタミン?

 

ところでビタミンⅮがないとなぜ良くないのか?

普通ビタミンといえば、ビタミンA、
B、Eなどが良く知られてますよね。

 

最近の研究で、ビタミンⅮがカルシウムの吸収
を助けるので、骨が丈夫になり骨粗鬆症の予防
になると広く知られるようになりました。

 


※関連記事↓

ビタミンⅮの効果について、こちらでも別の記事にまとめています。

⇒ ビタミンⅮの効果に食品でとると何がいい?骨の関係はどうなの!

充実感を朝に、太陽の光を浴びる!充実した1日を過ごそう


 

他にも筋肉や体感を強くする、ガンを抑制する
など、体調を整えて体を強くするなど分かってきたことです。

 

だから今後元気に過ごすには、毎日の生活の中で、
ビタミンⅮの生成にも気を配る必要がありそうです。

 

ビタミンⅮは食事から摂ることもできます。

 

魚の鮭やしらす、乾燥きくらげが多いということですが、
他にはあまり含まれていないようです。

 

サプリでとるという方法もありますが、
外で散歩や日光浴したほうが、気分がいいですからね。

 

まとめ

ということで、日光浴でビタミンⅮが体内に作られる。

 

そのビタミンⅮがカルシウムを吸収を促進して
骨を強くする、骨粗しょう症を予防する。

その他にも、ビタミンⅮは免疫を強くして
体を元気にしてくれる...。

 

ビタミンⅮというと、あまりなじみのない栄養素だと
思ってましたが、気になって調べてみると、
いろいろだいじな役割をしているんだなと感じます。

参考になれば幸いです。

記事下アドセンス

Sponsored Link



記事下アドセンス

Sponsored Link



-健康, 暮らし・生活

執筆者:

関連記事

レバーを茹でると栄養がなくなる?血の若さと取り戻すならレバーだね!

    レバーを茹でると栄養が少なくなるのが気になります。   レバーを調理するのにこの臭みも悩むところです。 レバーを茹でても、強く長時間加熱すると、臭いも強くなるし、 …

活性酸素による老化を除去したい!食べ物は何がいい?

    何かと悪者扱いにされる活性酸素。 そうは言っても、老化の最大の原因は活性酸素ということ。   私たちは生きていくために呼吸が欠かせません。 毎日毎回繰り返される呼 …

車のダッシュボードの隙間に虫が入るから除去?運転中は放置が無難!

  暑くなってくると、車の中に虫が入ってくるケースも多くなりますね。   知らない内に車のダッシュボードの隙間に虫が入っていたりするもの。   炎天下では車の中に虫を放置 …

鮭フレークの栄養で体に良いタンパク質が健康効果を生む!?体に悪いのは食べ過ぎの塩分過多や添加物?

  鮭フレークといえば、サケをほぐしたものだから、 当然鮭の切り身を食べなくても、手軽に食べられて栄養が豊富。   鮭フレークの栄養といえば主にタンパク質も多いので、 筋肉の維持や …

手取り30万の一人暮らしで車や家賃に注意!これでは貯金できない!?

  手取り30万円くらいだと一人暮らしでも 車を使用しても余裕だと思うものです。   が、やってみると最初の見立てと違っていた。下手したら貯金できないことになるかもしれません。 & …

オンラインヨガ・フィットネスのSOELU