UA-144554895-1

食生活

サーモンでノルウェーとチリ産の違いは!味とか健康に気になる?

投稿日:2020年1月31日 更新日:

スポンサーリンク

記事下アドセンス

Sponsored Link



スーパーではよく鮭を買いに行きます。

 

近頃は鮭をいっても、目にするのはチリ産の鮭、サーモンやノルウェーのサーモンを見かけますね。

 

それに鮭とサーモンの違いもよく分からずに買って、食事しています。

今回は、サーモンのノルウェーとチリ産の違いやどっちが美味しいのか、鮭とサーモンの違いについて紹介します。

 

 

サーモンのノルウェーとチリ産の違い

ノルウェーサーモンは、どちらかというとオレンジ色が強く、
食感もふっくらしていて、脂ののりがいい感じがします。

 

アトランティックサーモンとも言われていて、
大西洋鮭属に分類されます。

 

チリ産は赤色が強い傾向で、脂ののりも少なく、淡泊な小味な食感です。

 

何となく色がけばいというか妙に赤い。

 

着色料とか結構塗っているのかと思ったりして...。

 

一見、ノルウェー産のアトランティックサーモンの方が、
チリ産より値段が高いといわれてますが、スーパーで見かけるのはチリ産が多い感じ。

 

いずれも外国産で、安全や健康面でどうなのか、気になるところですが...。

 

養殖サーモンだから、大量で安価というのは納得します。

 

その分、病気にならないように、
抗生物質を投与しているから不安にもなりますね。

 

抗生物質の残留を心配するところです。

 

でも、水揚げするときに、しっかりと調査するので、
出荷時点で影響のない安全なサーモンだということなんですが。

 

とにかく、これまで健康被害で問題になったことがないこと、
輸入や養殖が数十年継続してきたことを考えると、ひとまず安心できます。

スポンサーリンク

 

サーモンチリ産とノルウェー産、どっちが美味しい

 

結局、どれもこれもそん色ない味で、
変わらない印象を持ちました。

 

見た目がそれぞれ違って見えるかもしれないけど、
慣れればどれも違和感ないです。

 

好みもあるけど、ノルウェー産のサーモンのほうが、どちらかというと好きですね。

 

値段的にもチリ産サーモンが安く感じます。

チリ産のサーモンは、ギン鮭が多いと聞きます。

 

国産のサーモンは紅鮭や銀鮭、シロザケが有名で、太平洋鮭属に分類。

 

国産のギン鮭やベニザケはやたらと塩が多いのか
しょっぱく感じることが多いですが、
形も小ぶりでやっぱり鮭を食べた気がします。

 

そうはいっても、この頃は焼き魚で食べると、
食べ慣れてしまったようで。

スポンサーリンク

 


※関連記事↓

サーモンチリ産とノルウェー産の魚に飽きてきたら、その代用品として鮭フレークから栄養をとるのもいいかもしれません。

そもそも鮭とサーモンの違いとは

 

本来、サーモンは単なる鮭の外来語から
由来していると考えられます。

 

が、結局はどちらも鱒(マス)の一種ということ。

 

鮭は、数あるマスの中でも、特に大きいものが鮭なんです。

 

マスというと鮭と別物で、味が薄いイメージでしたが、本来は同じもの。

 

川から海を回遊する海水魚を、サケと言うことです。

 

 

そしてサーモンは、トラウトサーモンとして
一般的に知られていますが、ニジマス
の淡水魚という分類で理解したらいいです。

 

とにかく、最近、ホントに買い物に行くと、
国産の鮭を見るのが少なくなったように思います。

 

そして、外国のサーモンがやたらと
目につくようになったので国産はどうしたの?...。

 

だけど外国産は、値段も手頃で安いので、いつの間にか毎食食べるのも珍しくなくなった感じですね。

 


※関連記事↓

さけを焼いたり、調理するのも面倒というなら鮭缶水煮をそのまま食べて、手っ取り早く栄養を摂ることもできます。

まとめ

ところで、養殖ものではなく、生のサーモンの刺身や
冷凍ものでないサーモンを食べたい方もいるかと思います。

 

でも寄生虫の問題で、鮭は生では食べられないということです。

 

刺身などの生ものだと、アニサキスという寄生虫を思い浮かべます。

 

これが胃に入ると、とても痛くてひどい目に合うということですが。

 

いずれにしても、冷凍にしないと死なない
ので、安心して食べるのには、仕方がありません。

 

養殖で抗生物質を投与されても、安心な上手く調理された
外国産のサーモンを食べるのも微妙なところですが...。

記事下アドセンス

Sponsored Link



記事下アドセンス

Sponsored Link



-食生活

執筆者:

関連記事

チリ産の鮭は大丈夫か危ないか?チリのサーモンなぜデマが目立つ!

  チリ産の鮭は現在、大量に店頭に並ぶのが当たり前になってきました。   チリ産サーモンは養殖でまずいという意見もありますが、刺身は脂がのっていて美味しいし安いというイメージがあり …

サラダチキン食べ過ぎは太る?一日何個までだと太らないかとコンビニを利用するダイエット方法

  サラダチキンは低カロリーだし、低糖質なのでダイエットにピッタリ。   だからサラダチキンを食べ過ぎても太ることはないだろうと思うのが普通です。   ダイエットするには …

すだちは徳島がなぜ有名!?かぼすと違う旬に美味しい使い方

さわやかで清々しい香りのすだち愛好者も多いなか、徳島のすだちが有名です。 すだちというと徳島以外では、なかなか生産地が思い浮かびません。     そんな徳島のすだちですが、できれば …

鶏胸肉を茹でると重さが減る!?タンパク質は摂れているか!?

  鶏胸肉は肉類のなかで安価で、高タンパクで低脂肪。 また、ダイエットや筋トレ、疲労回復のために食べる機会も多いです。   でも、鶏胸肉を茹でると重さが減って、タンパク質など栄養が …

納豆と豆腐のダイエットでどっちが太りにくい効果があるのか気になる

  よくダイエットに豆腐や納豆が良い と聞いたことはありませんか?   私もダイエット中豆腐や納豆を よく食べていました。   でもどちらのほうが効果があるのか気になりま …

オンラインヨガ・フィットネスのSOELU